円形脱毛症の発毛ケア・原因究明は 【ワールドサイエンス】

季節性、薄毛・脱毛症対策

  • HOME »
  • 季節性、薄毛・脱毛症対策

季節性、薄毛・脱毛症対策

 

1. 春の薄毛・脱毛症対策

脱毛症の種類は人によって原因や要因も様々ですから、断定するものではありませんが、脱毛の改善や予防を考えるには、季節的にも大切な事柄がそこにはあると思います。

人間の体は5度くらいまでの気温差ならば、それ程体調には影響が出ないと言われますが、10度くらいの気温差があるときは、自律神経失調症の症状が出ても不思議ではありません。
不眠症になったり気分がめいったり、体が重く何もする気が起きない、朝が中々起きられないなど色々と不調を訴える人が多くなります。お腹が痛くなり下痢になったり、そうかと思うと便秘が続いたり・・・また、肩こりや腰痛、偏頭痛、神経痛などが出たり、何か落ち着かずイライラもするようです。

春先はこれからの活動的な季節に合わせて、体調を整えていくことが大切な時期です。
自律神経の疲れを癒すにはお風呂が一番手軽で効果的です。
毎日ゆっくりとお湯につかり汗をかくようにすると、深い睡眠がとれ神経疲れの解消に良いと思います。

また、冬の間は中々寝具類を洗うことができなかった方は、枕や寝具類を洗って日干しをして清潔にすることが大切です。

アトピーや頭皮が痒くなることも多くなることがあります。皮膚が乾燥しているときに、痒いからと爪で引っ掻いていると、思わぬ脱毛原因をつくることも考えられます。
頭皮が乾燥しないように脱毛予防のためにも、ヘアーローションで保湿を心がけましょう。



2. ヘッドデドックスで頭皮をきれいに

頭皮の痒みをうったえる方がこの時期増えます。
春先は移動性高気圧が強くなったりして神経が過敏に反応します。
また、頭皮の乾燥や冬の間に頭皮が汗をかかないこともあって、老廃物が頭皮に溜まっています。
そうした老廃物が痒みの原因と考えられることもあり、これから代謝が高まり皮膚の活性を助けたり、頭皮のトラブルを起こす前にヘッドデドックスで頭皮を美しくすることを考えましょう。

花粉などもたくさん飛んでいますので、粘膜が敏感になります。体も自然界と同じ様に活動的になっていきます。
体や頭皮の育毛ケアをするのは、この時期が大切だと考えます。



3. 5月の終わりは、夏型に季節が変わるときですが・・・

近年、大気が不安定で日本列島がチョットの地域差で温度変化や気候の差が激しく、その同じ地域でも一日の温度変化の激しさには驚かされます。

当然私たちの体も、激しい温度差や気候の変動で体調が優れないとか夜中々眠れない、頭が重いとかお腹が痛いと不調を訴える方が多くいます。気温差が体温と5度以上あると自律神経が乱れたり体調が悪くなるといいます。

日中暑いと思ってついつい冷たいものばかりを飲食してしまいがちですが、内蔵を冷やすことは免疫力を低下させ、自律神経のバランスを崩す根本原因になります。

冷たいものもほどほどにしましょう。そして朝や日中は汗かいたらこまめにシャワーで汗を流して清潔を心がけましょう。

夜は毎日お風呂に汗をかくくらいゆっくり入りましょう。これからクーラーなどで体を冷やすことも多くなりますが、内臓の冷えは先に言いましたが、免疫力の低下を招くものです。日本文化の毎日の入浴は、とても健康や育毛に良いものです。

そして、頭皮の汗や皮脂は、毎日育毛ケアシャンプーで洗い流しましょう。頭皮に汗や皮脂を残して、そのまま寝ることは、特にこれからの季節は、脱毛原因になるおそれが考えられます。



何度、洗髪しても安心です
天然フィッシュコラーゲン配合 ヘアケアシャンプーDタイプ
「皮膚の抗菌作用を高めます」

5月の終わりになっても25度以上の夏日が続けば、頭皮にも沢山の汗をかくようになります。

特に梅雨の季節は、体力が落ちているときに沢山の汗をかいたまま放置すると、体に付いているカビが増え思わぬ皮膚病になることがあります。

カビは元々高温多湿を好み、これからの時期は格好の増えやすい環境となります。
特に、日本は高温多湿なので、カビが生えやすい環境です。良いも悪いもある意味そういう土地柄なのです。良い菌の働きは人間の健康や食生活においてなくてはならないものです。

カビの正式名称は真菌といい約150万種いると推定され、キノコや酵母なども仲間です。胞子は10マイクロ(マイクロは100万分の1)~100マイクロメートル、細菌やウイルスよりは大きいが肉眼では見えません。
ほんのわずかな有機物があれば増殖するため、垢(あか)や皮脂が沢山ある人の皮膚は要注意です。

温度25度~30度前後、湿度65%以上のジメジメした環境を好み、条件が整うと増殖します。夏場はですから増えやすい条件があり皮膚病として現れます。

マラセチア菌は誰にでもいる菌で、普段は毛穴などに潜んでいますが、過剰に分泌された皮脂があると、それを栄養分として増え、毛穴などに炎症を起こします。皮膚の表面の皮脂を食べて増える場合は、500円玉程度の茶色や白色のシミのような斑点ができ、でん風菌という皮膚病になります。放置すれば胸や背中など全体に広がります。

高齢者に多いのがカンジタ゛症です。水虫もカビが原因ですが、元々は人は持っていませんから、患者からの感染です。

汗をかいたまま寝てしまったりすると、体部白癬と呼ばれる首もとや脇、足の付け根など、足以外にも土手状の赤い輪が外側に広がっていく白癬菌に罹りやすくなります。

カビ対策は清潔と乾燥が基本ですが、特に脇や足の付け根、頭皮など蒸れやすい場所は、汗をかいたまま長時間放置しないことが大切です。

風呂やシャワーなどをこまめに使用し、細菌やカビ菌の繁殖を抑えるワールドサイエンスの「ヘアケアシャンプーDタイプ」を使用すると良いでしょう。痒みやフケなどを自然に抑えて健やかな頭皮、頭髪を保ちます。
この「ヘアケアシャンプーDタイプ」は皮膚の常在菌を正常バランスに保つもので、殺菌はしません。

よく薬用シャンプーとか薬用石鹸などで、フケ菌や表皮ブドウ球菌を殺すとか抗真菌薬入りと言っているものがありますが、体にカビは沢山付いているのは当たり前なのです。
皮膚に生まれてすぐに付いている皮膚常在菌は、色々な細菌から体を守っているものです。
大切な菌までも殺してしまうことは、かえって皮膚の正常な働きを崩してしまいカビ菌が異常増殖し、白癬菌にも罹りやすくなり、感染症などに罹りやすくなります。

体力が落ちて免疫力が衰えていたりした時に、沢山の汗や皮脂をそのまま長時間ほっておくことがいけないのであって、そこを改善せずに抗真菌薬やステロイドホルモン剤、抗生物質を使用することは大変な間違いです。

ステロイド剤はかえって免疫力の低下を招き逆に体全体に広がって悪化させることもあると皮膚科の専門医はいいます。

「ヘアケアシャンプーDタイプ」は、一切の化学薬品は使用していませんので、皮膚の正常菌層のバランスを壊すことなく、皮膚の正常な働きが出来るように、悪い菌が活性しないようにして良い菌が活性するように考えられています。
天然育毛成分と天然育毛ハーブの組み合わせで安心して使用できるものです。

ですからこの「ヘアケアシャンプーDタイプ」は、シャンプーでありながら何と全身を洗うことができます。肌の弱い子供から女性、ご年配の方まで、汗をかいたら一日に何度このシャンプーで全身を洗っても、何のダメージもありません。

それどころか天然フィッシュコラーゲンやケラチン淡白質配合ですから、肌や髪に弾力や潤いが出ます。

 



4. 夏の薄毛・脱毛症対策

夏日が続きますと、体調の異変に自律神経のバランスを崩す場合が多く、だるさに体が重く何をするにも億劫になり、夏バテのような感じで食欲も中々湧きません。

この時期は本来活動的になるのですが、気温の変化が激しときは、益々体調を崩すことは明らかです。こうしたからだの変調は脱毛原因や薄毛などを悪化させます。
また、逆に夏季は食欲不振、寝苦しさからの睡眠不足、汗や皮脂分泌の影響から脱毛症や薄毛の原因をつくる時期でもあります。
秋が抜け毛や脱毛症が多いように思われているようですが、実は夏季にほとんどの脱毛原因が潜んでいるのです。
そこで、例年ワールドサイエンスでは夏季を重要な育毛・発毛月間として、積極的なお手当てをお薦めしています。



ペットボトル症候群

ペットボトルの合成ジュースに限らず、缶コーヒーやコーヒー牛乳など、これでもかと驚くほどの砂糖が使用されています。

甘いものが好きな人は最近では女性に限らず、若い男性が好んで飲んでいるようです。

白砂糖や合成甘味料の摂り過ぎは急性糖尿病や高血糖症になります。そして、そこに肉を沢山食べる生活をしていれば、高脂血症になることは間違いありません。いわゆる成人病ですが、糖尿病になる前に薄毛や若はげ「男性型脱毛」になることを覚悟しなければなりません。

男性の方が薄毛や脱毛で相談に来た時に、これから育毛ケアをして行くのに食生活の改善をして行けるか尋ねます。
それは、男性型脱毛は原因や、その原因を助長するものに、食生活が大きく関わっているからです。
そして、喫煙です。喫煙は活性酸素を身体の中に非常に沢山発生させて、体の組織を破壊します。この活性酸素は毛母細胞(毛乳頭)を破壊する恐れがあります。

喫煙していて牛肉も沢山食べていれば、薄毛は益々ハゲになって行きますし、心臓病になる危険は高くなる一方です。

缶コーヒーや炭酸飲料水、牛肉、牛乳など高カロリー、高脂肪食は肥満にもなりますが、男性型脱毛の原因や要因にもなります。

しかし、その事をお話しますと、タバコはダメだ肉を食べては駄目と言われても、自分は食べたいものを食べて酒やタバコも吸いたいので、育毛ケアはしないと言う男性がいます。確かに好きなものを止めるのは辛いし、簡単に嗜好品や食生活を変えられないのは良く理解できます。しかし駄目なものはダメなのです。

でも、育毛や発毛促進には私が駄目だというものは、40年近く毛髪業をしてきて育毛・発毛研究の結果から助言しているのです。
健康に良くないことは育毛にも良くないのです。

男性型脱毛の方で肉食の人は心筋梗塞、心臓麻痺でなくなる方が多くいました。ですから、私の育毛ケアは髪の毛を取り戻すと同時に、健康な身体を取り戻すことでもあります。これが正しい育毛ケアのアドバイスの一つなのです。



ペットボトル症候群 ②

普段から清涼飲料水を飲んでいる小学生から中高生は、夏季は暑さのためその飲む量は2倍から3倍になると思います。清涼飲料水は一日にせいぜい500ml以下にすることが重要です。出来れば飲まないことです。100%の生ジュースか野菜ジュース、麦茶や野草茶(健康茶)にしましょう。

清涼飲料水には糖分が非常に多く入っていて、精製した砂糖は胃からいきなり血液に吸収されて、血糖値が急激に上がり、急性糖尿病になる恐れがあります。血糖値が急激に上がると、それを下げようとインスリンが出て下げる働きをしますが、絶えず多量の清涼飲料水を飲んで糖分を過剰に摂取していますと、インスリンが出なくなって糖尿病になります。

また、血糖値を下げるためのインスリンが出てくるのは時間がかかり、インスリンが出てくるときには糖分はもう無くなっています。そこへインスリンが沢山出てくると今度は血糖値が異常に下がってしまいます。低血糖症です。

脳は糖がないと働きませんから、脳が狂ってしまいます。これは死に至るほど大変に危険なことです。白砂糖は肝臓に大変な負担を掛け、血液を汚すものです。免疫機能を低下させ、薄毛やファファの柔らかい毛質にします。

更に、砂糖の過剰摂取は身体からカルシウムを出してしまいますから、神経も侵されることになり、イライラや不眠症の原因にもなります。チョットしたことで異常に興奮して、いわゆる切れる症状を起こす原因です。不眠症は脱毛症の原因になります。

合成甘味料なども普段から摂取していますと、知らず知らずの内に砂糖を好んで口にするようになりますから、出来る限り摂らないようにしましょう。 また、合成甘味料は免疫力を低下させるどころではなく。免疫力をゼロにしてしまいます。

 



合成シャンプーによる脱毛

最近の若い人達は髪のおしゃれにとても敏感です。オーディコロンを付けている男子学生もいるほどですから、匂いにも気を付けているのでしょう。
不潔とか汗臭さを非常に気にしている学生がいますが、男性ホルモンの活発な年代は、洗ってもひと汗かけば体臭は出るものです。

汗をかいたら早目に温かいシャワーを掛ければ汗臭さは消えます。身体や頭皮は、汗をかいても石鹸などを使用するのは一日に一回としましょう。
皮脂や汗はお湯で流せば落ちます。

石鹸やシャンプー剤を日に何度も使用することは控えましょう。どうしてもシャンプー剤を何度も使用したい時は、洗髪は軽く一回で済ませ洗剤の量も少なくしましょう。
頭皮や皮膚の角質は、洗剤で洗いすぎると取り過ぎてしまい、乾燥肌になり痒みやフケが出たりします。

夏季に合成界面活性剤のシャンプーで洗い過ぎて、たった3カ月で薄毛になったりする中高生もいます。何度もシャンプーをしたい人は、良質なワールドサイエンスのヘアケアシャンプーを使用するようにしてください。

ワールドサイエンスのヘアケアシャンプーは、天然ハーブ配合の天然アミノ酸シャンプーですから、肌を保護し毛髪に栄養を与えますから、何度シャンプーをしても大丈夫です。
体質別、頭皮のタイプに合ったナチュラル・ヘアケアシャンプーです。

脱脂作用の強いアルコール系(石油から製造)シャンプーが、市販品のシャンプー剤ではほとんどではないでしょうか?
シャンプー剤なら何でも良いじゃない?
洗い比べてみると頭の脂や汚れが良く落ちるし、すごくサッパリするけど・・・!?

確かに洗い上がりはサッパリ感があります。でも皮脂の取りすぎは頭皮の乾燥を招いて、痒みや思わぬ皮膚病になる危険もあると思います。
また、合成界面活性剤のアルコール系シャンプーは角質を荒らすなど、孟母細胞にダメージを与えることも考えましょう。
毛髪も頭皮もアミノ酸から作られています。育毛を考えるなら天然コラーゲンやケラチン淡白質の入ったアミノ酸シャンプー剤にしましょう。



5.秋の薄毛・脱毛症対策

9月の初めは熱波が再び襲ってきたりします。寝苦しい日が続くこともあります。体調管理をしっかりやろうとしても、中々、自然の気候変化についていけません。
こうした気温の変化は、多くの方が強いストレスを抱えることになり、抜け毛の原因になります。

女性はやせるために食事を抜いたり、極端に食べなくなったりすることがありますが、正しいダイエットによるカロリー制限ではなく、間違ったダイエットをしていますと脱毛症をまねく恐れがあります。

こうした脱毛症は大変にひどい抜け毛を引き起こし、頭髪ばかりではなく全身の脱毛症になることがあります。しかも回復が大変に難しい脱毛症です。

体重を減らすのに、極端に食事を抜くようなことは控えましょう。脱毛症にならないまでも毛髪をパサパサにしたり艶がなくなったり、細毛になったりします。



冷え

寒暖差が大きいと自律神経を弱らせバランスを狂わせる危険がありますが、それに追い討ちを掛けるようなことがあります。

最近は流通が発達して食生活において季節感がなくなっています。そこで気を付けなくてはいけないのが、特に体を冷やす食べ物です。
夏野菜類は体を冷やすものが多いので、食べ方にも工夫して根野菜との併用や温野菜、スープなどにしましょう。生野菜の食べすぎは内蔵を冷やしますので注意しましょう。



朝晩の冷え込み

10月、11月と冬に近づくにしたがって朝晩の冷え込みが厳しくなってきます。
秋は体調を崩したり風邪を引いたりと体をこわす方が多くなります。

夏は気温が高いため、よほどエアコンなどを強くして、長時間使用しなければ内臓の冷えによる体調不良を訴えることはありませんが、秋はどうしても外気温が下がり内臓を冷やすことになります。

お腹にはリンパ球が約60%あるといわれていますが、内蔵の冷えはこの免疫力をつかさどるリンパ球の流れ、働きを低下させ、免疫力の低下を招きます。

更に、夏の食生活や冷たいものをいつも飲んでいたそのまま秋になっても続けていれば、もっと内臓の冷えをひどくします。

自律神経の緊張は、内臓を冷やすと交感神経がいつも優位に働き、結果、自律神経のバランスを崩してしまいます。血液の流れも悪くします。

夏の暑さ、食欲不振、寝不足などによる体力消耗が、秋の自律神経の疲れと重なり、秋は体をこわす方が多くなるのです。このことは薄毛や脱毛症の原因にもなります。

出来る限り早く、生活スタイルや食生活を内臓を冷やさないようにすることが大切です。

毎日の入浴や内臓を冷やさない根野菜や飲み物、そして着るものもお腹を冷やさないようにしましょう。



6.冬の薄毛・脱毛症対策

脱毛症の原因は一年中ありますが、脱毛症が悪化するのは冬が多いようです。



寒さ

何といっても冬は寒さ対策が重要です。
人間は恒温動物ですから、健康でいられる温度が決まっています。平均36.5度くらいなのですが、子供たちは以前なら36.5度から37.0度くらいあったのが、今はそれより1度くらい低いといわれています。35度台の体温は癌を発症させるといわれます。今日本人は二人に一人が癌だともいわれています。

低体温は免疫力低下を意味します。そして薄毛や脱毛症の原因にもなります。

薄毛や脱毛症の人の頭皮温は、毛髪のある人の頭皮温よりかなり低く、血流が悪いことと孟母細胞の活性が悪いことを表しています。
冬は汗をかかないこともあって、頭皮中に老廃物が溜まりやすく、このことも育毛を阻害します。

冬は、特にワールドサイエンスのヘッドデトックスで頭皮中の老廃物の除去と血流改善をして育毛手当てをすることが大切です。



食生活

今は流通が発達していますから、日本の北から南、そして世界各国から色んな食材が手に入ります。

その上、ハウス栽培で季節を問わずほとんどのものが食べられます。このことは喜ばしいことですが、冬に食べる夏野菜とか南国系フルーツを食べますと内蔵を冷やすことになります。

冬は生野菜を極力控えて、温野菜にして食べるとか根野菜を食べるようにしましょう。鍋料理がお勧めです。

生姜やネギなどは体を温めてくれる食材ですから、上手に利用しましょう。
紅茶に生姜汁を入れて飲むとか、葛湯などでお腹をいつも温めることが大切です。

育毛の基本は心身ともの健康があってのものです。そして、その上で化学物質や合成ホルモン剤などを一切使用しない育毛法が大切です。

文字サイズ変更

menu_ttl_voice
お客様の声円形脱毛症になって細毛でボリュームがない 白髪の悩み 全頭脱毛症 多発性脱毛症スカルプケア円形脱毛症の育毛ケア女性の壮年性脱毛症の育毛ケア 広汎性脱毛症の育毛ケア多発性脱毛症の育毛ケア

▽メール相談の方はこちら
bt_mail

▽店舗へご来店される方はこちら
bt_s_salon

おすすめコンテンツ

頭皮に優しい育毛を考えた『オーダーウィッグ』
医療用・薄毛・脱毛症・白髪隠しに安心してご使用ください。頭皮に優しい育毛を考えた『オーダーウィッグ』

最新ヘアニュース

育毛発毛

ヘッドワックス

発毛ケア製品

PAGETOP