円形脱毛症の発毛ケア・原因究明は 【ワールドサイエンス】

職業別薄毛・脱毛症対策

  • HOME »
  • 職業別薄毛・脱毛症対策

職業別薄毛・脱毛症対策

 

1.農業

体内時計は皆さんが知っていることなのですが、体内時計の重要性はあまり分かっていないのではないでしょうか?なぜなら現代人は夜型生活の人がほとんどで、小学生で午後10時ごろ、中高生は11時から午前0時ごろが就寝時刻でしょう。また、大人は午前0時前後の就寝の方がほとんどではないでしょうか!
体内時計を考えると午後9時頃が就寝時刻となり、起床は午前6時頃となります。特に午後9時以降の食事は胃を働かせ、交感神経を働かせることになります。そのため夜の眠りとか体を休めるための副交感神経が優位になりません。
こうしたことが自律神経の疲れとなって行き、冷え性体質とか体調不良になるといわれます。 成長ホルモンは疲れた細胞の修復や、新たな細胞を造る上でなくてはならないものですが、成長ホルモンの分泌は午後11時頃から午前4時頃にほとんど分泌されます。髪の毛もこの成長ホルモンの分泌で生育するので、午前0時頃にいつも就寝する方は、髪の成長が少なくなり良い育毛環境ではありません。
夜は午後9時前に、毎日入浴してしっかり体を温めましょう。
一日に30分から1時間くらい軽く汗をかくくらい、体を動かすことも大切です。歩くだけでも良いと思います。そのときは少し早歩きが良いでしょう。
こうしたことを生活のリズムとして行うようにしましょう。



2.漁業

日本は四方を海に囲まれた漁場豊かな国です。漁業に従事している方は大変に多くいますが、海は大変に危険な自然相手の仕事です。
暑さ寒さはまともに体で受け止めることになります。寒いからと暖房設備の中で仕事をすることは出来ません。ですから年々若い人が漁業をしなくなっています。
今は定置網に朝早く行き、市場に鮮度の良い魚を届けるために、毎日夜が明ける前から動いています。
大変に元気が良い人がいる印象がありますが、頭髪は紫外線や潮風にいつも当たりますし、過酷な重労働でフサフサとした毛髪がある方は少ないようです。

もっとも午前中に多くの漁業関係の仕事は済み、午後は体を休めたり夜は早く寝るというのが漁師の仕事状況のようです。十二分に体の休養をとりながら、無理をせずに仕事をしていくことが体を壊さず長く続けていく秘訣なのですね。
漁業は鮮度保持から冷たい作業が多く、冷え症対策とともに紫外線対策が育毛上も求められます。
漁業は育毛ということを考えますと大変に厳しいと思います。食事もゆっくり取れないようですし、紫外線の影響は大きいものです。
健康や育毛面からも内臓の冷え性対策は大切です。仕事がおわったらお風呂でしっかりお腹を温めることが必要です。
海水や紫外線などで痛んだ頭皮や頭髪の育毛ケアは、漁業の仕事が終わり家に帰ったら、ワールドサイエンスの育毛用シャンプーで洗髪をして育毛ヘアローションで毎日育毛ケアをすることが大切です。



3.自動車などの修理業

屋内の冷暖房の設備の中で、自動車などの修理作業は現実にはほとんど行なっていません。冬の寒い北風が入りこむ中での作業、夏は暑さの中ムンムンとしながらの仕事です。少しでも早く修理をするためについつい遅くまで修理をすることが少なくないといいます。
自動車やバイクが好きでその仕事を選んでいる方が多いとお聞きしますが、過酷な労働条件に変わりはありません。
ストレスからか喫煙する方も多いようです。もちろん喫煙は育毛のためにすぐに止めましょう。
また四六時中帽子やヘルメットを被ることが多いため、頭皮の育毛環境は決っして良いとは言えません。
汗をかく割には冷え性になる環境です。頭皮を清潔にするよう心がけるとともに内臓の冷え対策もしましょう。
シャワーだけで済まさずにも、毎日お風呂にゆっくりと入り、半身浴などを行いながら、しっかりと汗をかくようにしましょう。



4.建築・建設現場

ほとんどの家や建築などの仕事は専門的な技能が必要なため、多くの方はその大変さは分かりません。でも室内で仕事をするわけではないので、暑さ寒さに晒されますからその大変さは少し理解できます。
近年、夏は非常に暑く、そして冬は極端に寒くその寒暖の差が大変に激しくなっています。
男は筋肉を使うことにより発熱し、体温が高くはなりますが、一日中冷たい北風に晒されていれば体の心から冷え切ってしまします。

冬にはかなりの無理をして働いて来て、この寒さが緩む春先に体調を崩すことが多いのではないでしょうか?冬の寒さで内臓が弱り、特に春先は自律神経も弱って疲れていると思います。
そこへ春の移動性高気圧や低気圧の激しい変化で自律神経がどうしても狂いがちになります。温かい飲み物をちょくちょく飲み、また懐炉などでお腹を温めて内臓の冷えを防ぎましょう。
お茶には強壮効果のある松葉茶がお勧めです。紅茶に生姜エキスやパウダーを入れたものも体を温めます。
そして、お仕事が終わったら毎日必ずお風呂に入りしっかり内臓を暖め汗をかくようにしましょう。
汗をかくことは副交感神経が優位になりますから、自律神経を休めることができます。



5.タクシーや長距離運送業

タクシーは大変に便利でなくてはならない交通手段です。夏の暑いとき歩いてあちこち行くのは大変です。タクシーに乗るとしっかり冷房が効いていてとても快適です。
また、冬の寒いときはタクシーに乗った瞬間から寒さを忘れ、目的地に行けるのは有り難いという気持ちになります。しかし、運転手は意外と過酷です。
お客様を快適にとお迎えするために冷房を強めに掛けて待っていたり、暖房も強めにするため外気温との差は大きくなり、運転のストレスと重なり、かなりの疲労が心身ともにあると思います。
特にタクシー内は個室となりますから、お客様とのコミニケーションが常にうまくいくとは限らないのですから、相当なストレスとなるのではないでしょうか?
一日の勤務時間もタクシー会社によっては12時間勤務という話も聞きましたが、夜の勤務もあり不規則に勤務になることも多いようです。
また、絶えず座ったままですから腰に負担が掛かり、下半身の血行も悪く成りがちで、食事してすぐに運転をするわけで、胃腸にも負担が掛かります。

食後は30分間は運転は中止して、仕事が終わったら半身欲やサウナなどでしっかり汗をかき、そして軽い全身運動や30分間くらい歩くなどするように心がけることが良いと思います。
特に夜の勤務は大変に心身に負担を掛けるものです。
日差しが強くなりますと窓やフロンとガラスから入ってくる赤外線で上半身は大変に暑くなり、気が付かないうちにエアコンの設定温度を低くしてしまいます。
しかし下半身は冷房によりかなり冷えきっています。そのため腰痛や痔になったり膝が悪くなる方も多いと聞きます。
内臓の冷えは免疫力の低下や万病の元となる恐れがあります。
仕事が終わったら下半身をしっかり温めて血行を良くするようにしましょう。腹巻や懐炉などでお腹を保温することも考えることが大切です。
またストレッチ体操や、歩いて下半身の運動をしましょう。



6.生鮮食品の加工所・売り場

鮮度を保つためにどうしても冷蔵施設でのお仕事になります。温度を上げれば食中毒の危険が高くなったり、鮮度が落ちますから、一年を通して冷たい作業所でのこととなります。
特に夏はこんなにも冷やすのかと思うほど冷たい場所となります。
下半身の冷えは内臓の冷えとなりますから、長年その仕事をして何の冷えの対策を取らないでいますと、やはり体に大きなリスクがあります。



7.介護

日本はあっという間に高齢化社会になってしまいました。これからもっと高齢化は進みます。
少子化の問題が少し前までは取りざたされていましたが、それよりも現実は50代、60代の方たちが80歳90歳の両親の介護をしています。
仕事として介護師をしていれば、仕事が終われば体や神経を休めることもできますが、一緒の生活をする両親の介護を親族の方がするのは24時間です。
介護をしていれば収入はありません。すぐに生活に行き詰ってしまいます。
また、仕事をしながら24時間介護をすることはとても一人では出来ることではありません。
しかし、現実は親族のそうした介護が多くあるようです。
愛情だけで解決できる問題ではなく、体力と気力、忍耐力が毎日、そして何年間も要求されます。
介護は決して個人こじんの家庭間で出来るものではありません。
行政の助けがなくてはとても出来るものではありません。一人で24時間しようと思わず相談をしていってほしいと思います。
深夜の介護は自分自身の健康にも限界がすぐにきます。



8.インターネットの仕事

コンピュタ―中心の社会になりました。仕事ではパソコンが使用できることによってあらゆる面で大きく変わりました。
子供にはテレビゲームで遊ぶな、もっとしっかり本を読んで学校の成績を上げろと言っていた親は、まさか自分がパソコンにこき使われるとは思ってもみなかったと思います。
そのころテレビゲームでしっかり遊んでいた子供は、今パソコンを嬉々として使いこなし、50代以降の大人はパソコンに対して強いストレスを感じている方も少なくないと思います。
しかし、パソコンは視神経に大きな負担を掛け、いつの間にか目を酷使して緑内障やドライアイなどに悩まされているようです。
目の疲れや頭痛を訴える人は多く、肩こりや自律神経の不調で困っている方も沢山います。
特に季節の変わり目は移動性高気圧や低気圧が目まぐるしく変わり、更に身体を不調にします。
パソコンはお仕事の関係でどうしても扱わねばならないとしても、能のエネルギーを大変に多く消耗しかなりの負担を掛けます。
パソコンは便利だとしても、1時間行ったら最低でも15分間以上は目や神経を休ませたいものです。
また、自宅でのパソコンは午後9時以降は使用しないことが望ましいと思います。



9.旅館・ホテル業

旅行や出張などで旅館やホテルなどはなくてはならないところですが、リラックスができ美味しいものを頂ける場所でもあります。
最近では女性客にエステをしているところもあります。以前は男性客、ビジネス客のためのマッサージが主体でしたが・・・
利用する側は大変に快適で大変に居心地が良いものです。
しかし、24時間体制でのサービスが要求されるため誰かが深夜の管理をしなければなりません。
大きな旅館やホテルは人手がありますから、深夜のサービスや管理などは交代で行うことができますが、人手が少ないとか深夜のサービスはできないという社員が出てきます。
その場合、どうしても責任職、管理職の方が深夜の仕事を受け持つことになります。
一時的なことなら体に偏重をきたすことはないのでしょうが、それでも個人差がありますから、一~二ヶ月深夜勤務をしただけでもホルモンバランスが壊れたり、不眠症になったりまた、慢性疲労の症状が出る方もいます。ビタミン剤を飲んだところでこうした疲れはとれません。

睡眠導入剤を服用して不眠症を治そうとしても、やはり体内リズムの狂いからくる症状は、朝日をあびる朝型生活に極力戻すこととが大切です。

お仕事中は自分中心の健康管理をしようと思っても中々できませんが、長期に渡り深夜勤務が続く場合は、どこかで体内リズム(体内時計)に即した生活をしましょう。



10.学生に多い脱毛症対策

最近の若い方たちは子供の頃より夜型生活で、小学生で午後10時頃、中学生では午後11時から午前0時頃に寝る人が多く、高校生はほとんどの子たちが午前0時が寝る時間だとか・・・
小さいうちから塾通いをして、家に帰っても勉強をしている子が多く、とても午後9時前に就寝するわけにはいかないようです。試験や受験が迫ってくればそれこそもっと遅くので必死で勉強をしています。

こうした気持ちの晴れない、極度の緊張生活や強いストレスが続く生活と深夜まで起きている生活は、緊張体質になって自律神経のバランスが壊れたり壊れやすくなるといいます。
特に子供の頃はたくさんの成長ホルモンの分泌を必要としますので、夜型生活はそれを妨げ色々と体の不調が出ても不思議ではありません。
円形脱毛症や多発性脱毛、ひどい子供はいきなり全頭脱毛症になったりすることがあります。
夜型生活の危険を知って、自律神経や体の健康を考えた朝型生活にまず切り替えるように考えましょう。
学生の脱毛症はこの時期から多くなりますが、冬の間に脱毛原因を多くの場合つくっているようです。
正しい育毛法を初期に早期に行うことが大切です。



11.夜の飲食業

意外に脱毛原因が多くあると考えられます。
人間は夜活動するようには生理学的にも出来ていません。本来備わっている体内リズム(体内時計)に即した生活をしていかなければ必ず生理機能の狂いが出て、いずれ体を壊すことになります。

特に成長ホルモンの分泌は孟母細胞の育毛の働きに大きく関係しています。
成長ホルモンは午後11時頃から午前4時頃の睡眠時間帯にほとんど分泌されるため、この時間帯の安眠が必要であり重要です。
また、疲れた細胞の修復に成長ホルモンが必要です。成長ホルモンの分泌がおぼつかないため免疫力の低下を招き、いつも体がだるく胃腸の働きも低下して消化吸収力も悪くなります。
禁煙が叫ばれても、相変わらず夜の飲食店ではほとんどのところは禁煙にはなっていません。

午前2時頃まで働いて、家に帰ると午前3時、こうした生活を長年続けていますと低体温になっていると気づく筈です。健康を意識し、育毛を考えるなら深夜労働のリスクを考えましょう。
低体温や免疫力低下、体内リズムの狂いはいずれも脱毛症の大きな原因になる恐れがあります。



12.病院でのお仕事

病院のお仕事は命に関わる看護です。医師の手当ても体力や神経を、私たちが思っている以上にすり減らし身体を酷使しています。
看護師さんの脱毛症は、今まで他の職業には見られなかったほど多いように思います。
看護を24時間交代でしていますが、その病院によって人手が少ない時や、ロ―テーションの関係で長時間勤務になったり、夜間勤務だけを何カ月も続けなくてはならないとか・・・
誰でも夜間勤務は辛いのでやりたがらないので、どうしてもある特定の人になってしまうことがあるようです。

しかし長期間の夜間勤務は体内リズムを乱してしまい、過労から慢性疲労症候群や自律神経失調症、不眠症、低体温、免疫力低下、女性ホルモンの分泌異常など・・・気がつかない内に沢山の脱毛症の原因や要因をつくってしまう恐れがあります。
(疲れが取れないといってビタミン剤や栄養剤を摂取してもだめです。眠れないといって睡眠導入剤を飲むことも根本的な解決にはなりません。)
出来る限り夜間勤務は同じ人が担当しないようにしましょう。
こうした脱毛症は急激な沢山の抜け毛が始まりますから、すぐにご相談ください。早めの対策が重症化しない手当て法です。
育毛剤などで対応はできません。正しい理学育毛理論を知って対応しましょう。

今まで書いてきました看護師、夜の飲食業、旅館・ホテル業、インターネットのお仕事、介護などに共通する脱毛原因が考えられます。
それは深夜に安眠をしていない、安眠が出来ないという環境です。
もともと人間は夜活動するようには出来ていません。健康を維持するには適度な運動と栄養、そして睡眠が必要です。
夜の仕事や神経を使うことは体内時計が狂い自律神経のバラセンスが狂い、免疫力の低下、低体温、内臓の働きの低下、無声長ホルモンの分泌不足になることを余儀なくされます。
体内時計は朝日を浴びることで正しくリセットされるといいます。また、交換神経のスイッチが朝入るには、午前6時前後の起床が大切だとも言われています。
日の出とともに起き、日没とともに休むという自然の摂理に沿った生活が日々健康でいられる原点です。
深夜の仕事を長期間続けて行うことは、体調不良のときは時々朝方生活にリセットすることが重要なことです。

文字サイズ変更

▽メール相談の方はこちら
bt_mail

▽店舗へご来店される方はこちら
bt_s_salon

おすすめコンテンツ

頭皮に優しい育毛を考えた『オーダーウィッグ』
医療用・薄毛・脱毛症・白髪隠しに安心してご使用ください。頭皮に優しい育毛を考えた『オーダーウィッグ』

最新ヘアニュース

育毛発毛

ヘッドワックス

発毛ケア製品

PAGETOP